代表的な例である昨年12月28日の有馬記念(GI)を再生してみましょう